私はずっと文字に体重をかけたかった

ワードプレス、最高すぎんか?という話をします。

私は元々はてなブログでずっとブログを書いていて、そこそこ儲かっていたので特に辞める理由もなく、だらだらと続けていました。PVもまあ普通にあったし、記事も沢山ストックがあったのでさぼりまくっても毎月チャリンチャリンと小金が入ってくる日々。noteもまあまあ儲かってたんですが、はてなブログもnoteもなんか謎にすげー辞めたくなって、辞めました。

ちなみにはてなブログは純粋に死ぬほど書きやすいと思うけど、noteが書きやすい言われている理由がよくわからん。普通に使い辛くない?はてなブログが神すぎてまじであれが使いやすい!と巷でもてはやされてるのを見ると、「は?」と言いたくなります。

脱線しました。

えっと、なんで収益もあって書きやすいはてなブログをやめたのか。ほぼ毎月収益が発生していたnoteをやめたのか。

私も、辞めるまで、ましてやこのワードプレスでブログを書くまで気付かなかったんですが、1ヶ月ほどこちらのサイトでブログを書いて、やっと気づけました。

あー、私は、もっと文字に体重をかけたかったんだなあ、と。

え?回りくどすぎて言ってる意味がよくわからん?えーっと、わかりやすく説明すると、「もっと文章に感情を込めたかった」的な意味でございます。

はてなブログ使っていたとき、最初は今のように文字に体重かけまくって、すごく楽しかったんですよ。PVもギュイーン上がるし。でも、まあ文字に体重かけまくってバカみたいなテンションで運営していると、同じはてなブログユーザーから、いろんな槍が飛んでくるwブックマークコメント、ほんとこええよ。
で、コメント非表示にしたりして、あんま文字に体重かけないようにして、卒なく、目立たないようにテンション低く運営しだしたんです。できるだけ大人しく、マイルドにマイルドに表現しよう、私は透明、できるだけ客観的に、冷静に、我を出さないようにしよう〜。と。

テンション低め運営が板につきすぎて気付けなかったんですが、ああいう無料のブログサービスって、ユーザー同士の交流を促そうとSNS的側面があるので、どうしても「他人の目」が気になる。noteもユーザー同士の交流が盛んだ。私は全く他人と交流してなかったけど、たまに「スキ」とかいうTwitterでいういいね的なやつが飛んできたりする。

いくらコメントを非表示にしたって、他人と交流をやめたって、はてなブログもnoteも、なんかこう同じ寮内に住んでるような居心地の悪さがある。勝手に監視されてる感を感じて、燃やさないよう燃やさないように細心の注意を払って運営する。まあネットに文字を書く以上細心の注意は払うに越したことはないけれど、終始「だれも私を見つけないで!」というテンションで文字を書いていた。(でも儲かるから辞めないという根性)

対して、ワードプレス。
めちゃくちゃ陸の孤島感がすごい。私も一応他人の目を気にしつつもPV自体は増えると普通に嬉しいので、ここでブログ書く前は「ワードプレスって陸の孤島だからどうせ最初はアクセス期待できんわな〜そんなのに耐えられるんかな〜」と思ってたけど、いやいやいやこの陸の孤島感、最強に心地よすぎる。

というか、もはや陸の孤島ってレベルじゃない。普通に離島。ガチの離島。無人島で全裸で踊り狂って大声で音程を気にせず歌いまくるくらいの開放感がある。システム上、デフォルトで投稿にコメント書けるんだけど、もちろんサイト公開前にオフっときました。まじで誰にも邪魔されないこの空間、最高すぎる。

いちおうブログは更新したらTwitterにリンク流してるけど、距離感があるからそこまで他人の目が気にならないんですよね。

Twitter=大陸、ワードプレス=無人島で、リンクを貼る=船渡してやるか、くらいのテンション。

わざわざ金かけてドメイン取得してサーバー契約してよかった。元々、ここでのブログは「気が向いたらたまにDTMについて適当に書くか」くらいの感覚だったんだけど、すげーどうでもいいこと書きたくなるくらいたのしいよ、今。うおっしゃああああああい!とか文面上いくらでも叫びまくれる。長らく忘れていた感覚だ。

一見損な思いつきも、思い切って行動してみると今まで気付けなかった自分の本心に気付くことができる。これを腑に落とせただけで、もう十分だ。

最後に、ワードプレスのシステム面について。

ここまでさんざんワードプレスを褒め倒してきたけど、記事書き難いのはまじでさっさとどうにかしろ。はてなブログ並にしろ。おわり。