今更リバーブにハマる

今更ながら、リバーブのプラグインをあれこれいじるのにハマっています。

というのも、長いことDTMをやってきて、一番興味無いプラグインがリバーブでした。「リバーブ=響けばいいじゃん」くらいにしか思ってなくて。ずっと2種類くらいしか使ってなかったwしかも、設定は毎回同じっていう。どんだけ興味無いん自分、ていう。

だって、リバーブの前に魅力的なプラグインってたくさんあるじゃないですか。劇的に音が変わる感じのプラグインって。コンプレッサーとか歪みとかディレイとかなんか高機能なイコライザーとかさ。変なおもしろいプラグインいっぱいあるじゃん。

リバーブって、なんか変化が地味っつーか。

深くかければまあぼや〜んってするなあ、くらいにしか思ってなかった。私の耳の解像度?がアレなだけですが。

いやいやでもほんと今更ながら、こんな考えをしていた自分が馬鹿だったなあ、と。


リバーブを勉強すればミックスが楽になる

リバーブって、使いようによってはかなりミックスが楽になるんですよね。ちゃんと、縦ヨコで棲み分けすると、ものすごくいい仕事します。

音の抜けに関係あるのはイコライザーであって、あんまリバーブは関係ないだろ、ってずっと思ってたんですが、めちゃくちゃ関係ありましたね。もっと早く気づきたかったああ。


楽器同士がそれぞれいい感じに自己主張した音になる

例えば、ボーカルにかけるリバーブはステレオじゃなくて、モノラル(Widthで幅を狭める)にしたら、モーゼの海割りのごとくスコーンと通る音になるし、キックの低音にかけるリバーブを適当な設定にしないでちゃんと低音だけにかけると、ズーンとどっしりした音になるし。逆にキックの高音成分にはボーカルより上の周波数でかけるとボーカル邪魔しないで抜けてくれるし。

リバーブ勉強したところでそんなに音変わらんやろ、て思ってた過去の自分に「目を覚ませ!!!」と言いたい。めちゃくちゃ劇的に変わります。過去のミックスはなんだか全体的にぼんやりしてるというか滲んでいるという感じなのだけど、適切にリバーブを使い分けるとちゃんと楽器同士がそれぞれ自己主張してていい感じのミックスになります。

やはり何事も基本が大事ですなあ。