一捻りでウネウネ音。Waves「OneKnob Pumper」

サイドチェイン音大好きっ子です。サイドチェイン音ってなに?って人に簡単に説明すると、ウネウネした音のことです。クラブミュージックとかでよく聴くウネウネしたベース音。

って言葉で説明してもよくわからんと思いますので音置いておきます。こーゆー音。

まあ、Cubase側でだいぶサイドチェインのやり方は簡単になったんですが、それでもWavesプラグインのOneKnob Pumperはまじですごい。普通に一捻り。一瞬で終わる。細かい設定一切不要でサイドチェイン音が簡単に作れるんで意味分かんないくらい楽ができます。

普通サイドチェインって、例えばキックとベース間でよく使われる技術なんだけど、通常

1,ベースのトラックにサイドチェイン用コンプレッサーを刺す

2,キックからサイドチェイン信号を送る設定をする

3,ベーストラックに刺したコンプレッサーで、キックからの信号を受け取る。

4,キックから信号を受け取ったベースが、信号のタイミングでコンプレッションをかける

という手順を踏む必要があります。ぼへえめんどくさい、説明している私の頭がこんがらがってきたぞ。

んが、このOneKnob Pumperを使うとですね、

1,ベースのトラックにOneKnob Pumperを刺す

2,OneKnob Pumperのノブを捻る

だけで終了です。

キックから信号を送る必要が無いんですね。これ、キックから信号を送る必要がないと、なにがすばらしいかって、キックが鳴ってない場所でもウネウネ音が作れる、ってことなんですよ。すごい。ほんとうに引くほど楽ができる。ウネウネの深さも変えられるので、ガッツリウネウネさせたい時はツマミを最大に捻ればいいし、うっすらウネウネさせたい場合はツマミをちっさく捻っとけばいい。

んで、不規則なキックとかは難しいんですが、規則的なウネウネなら、ウネウネの間隔のタイミングも簡単に変えられます。

例えば、通常の4つ打ちキックとかだったら1/4を使えばいいし、もっと細かい間隔でかけたいなら1/8、もっと間隔あけたいなら1/2とか。

だから、普通にキック-ベース間で使うのはもちろんシンセとかの音作りにも使えるという。

まあ、私は一応テンプレートでサイドチェイン設定作っちゃってるんで実際の曲ではベースとかにサイドチェインかけてるんですけど、キックからの信号が無い場所とか上モノシンセとかによくかけるのでかなり重宝しております。OneKnob Pumper好き好き大好き超愛してる無くなったらしぬ。