Mac OS Big SurでWavesのVSTプラグイン読み込めない時の解決法

前回、MacのOSをBig SurにしたらWavesのV9プラグインが入らず、諦めてアップグレードすることにしたんですが、「これでやっとプラグイン入れられる〜!」っとテンション上げてインストールしたら今度はV9プラグインが全部消えた笑 テンプレートからも消えた笑

V9のときは、プラグインが見つからないけどプラグイン名はちゃんと表示されてたのに、V12にしたらトラックに刺してたやつ全部消えやがりました。しかも、新たにV12のプラグイン刺そうとすると刺せないし。

 

Waves Central起動してあれこれやってみたけど原因不明。

だったんですが、なんとか原因を探り解決したのでやり方を解説します。

 

「ReWire.bundle」を開けないのが原因

まず、原因から。

OSをBig Surになると、まずCubase(DAW)がまともに立ち上がらず、

“ReWire.bundle”は、開発元を検証できないため開けません。

って文章が出てきてきます。んで、ユーザーは

①ゴミ箱に入れる

②キャンセル

の2託しか選べません。どうにもこうにも「ReWire.bundle」ってやつが開けないことが原因となって、Wavesのプラグインを読み込むことができなくなっております。なので、このあたりをMac側で設定する必要があります。

 

解決方法

「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」から許可ボタンを押すと、Wavesのプラグインを読み込めるようになります。

これだけで解決しましたー。

作業中のプロジェクトのトラックやテンプレートに刺してたプラグインも、現在は普通に復活して使えるようになりました。ほんとよかった。

 

V9だと許可ボタンが押せない

ってか、V9の時は「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」からの許可ボタン、押せなかったんですね。固まっちゃって。だから、このボタン押せないもんなのかなー関係ないのかなーと思ってスルーしてたんですが、V12にしたら普通に許可ボタンが押せるようになってました。いちいちWaves Central起動したりOSアップデートしたら謎に消えてたCubase Download Assistantをわざわざダウンロードしたりとか無意味な行動を重ねてしまいました。ほんと紛らわしいわ…。公式で解説しといてくれ…。