運動を忘れた人間の末路

数日前、腹を下した〜と騒いでいたんですが、なんでここ1年くらいピンピンしていたのに突然腹を下したのか理由がわからなくて、昨日今日ずっとゆるいお腹を抱えながら考えていました。ぬか漬けをさぼったからか?やっぱ乳酸菌力って大事なんだなーとか最初は思ったんですが、そもそもぬか漬け生活を始めたのは去年の11月だか12月中なので、違う。私はこの1年風邪一つひかなかったんだ!なにかもっと決定的な理由があるはずだ、とぐるぐる考える。がしかしなかなか思い当たらない。

考えてもわからんので、復活した後強靭な肉体で生きていけるようにと意味わからん量の動画をYouTubeに投稿している精神科医樺沢紫苑先生の動画を見ながらふと思いつきました。

あ、運動だわ、って。

ちょうど1年くらい前からハイキューにハマりすぎた結果バレーを学生時代ぶりに始め

ハイキュー!!【期間限定無料】 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

たのはよかったんですが、だんだんほら、寒くなってきて?サボりがちになって?

そうこうしているうちにコロナ感染者が増え始めて「やばそ〜」って思ってあんま外でないようにして、あれよあれよという間に緊急事態宣言が出てバレーもできなくなり、まあ自主練でもロードワークでもすればいいところを「緊急事態宣言だしな!引きこもるのが正義やろ!!」と運動をサボっていたのでした。

そう、今回の腹下し事件は緊急事態宣言を免罪符に運動をサボったことが原因。だと思う。たぶん。

運動をサボるとここまで人間は堕ちてしまうのか…と運動の大切さが十分身に染みたので、今日は↑の樺チャンネルでも激推ししている朝散歩を実践してみることに。

いやー、散歩って、やる前は死ぬほど億劫ですけどやるとほんと気持ち良い。セロトニン活性化されてる感ある(適当)うっかり「免疫力を極限まで上げてやるぜ!!!」と太陽に誓うくらい気持ち良い。1日がこう良い感じに進みますね。ほんとにやってよかった。できるだけ習慣にしていきたいです。脳筋最高!!